BBQの語源と歴史

BBQの語源と歴史

海で行うバーベキュー

ビーチやキャンプなど、太陽が降り注ぐ気持ちのよい季節には野外でのBBQが欠かせません。自然の中で調理し味わう料理は、普段とは違い格別なものになるでしょう。そんなBBQには言葉の由来や歴史があります。

BBQの始まり

昔からアメリカの南部では、豚を丸ごとじっくりと時間をかけ焼き上げ食す風習がありました。丸焼きにされた豚は家族や近所の人達と分け合い、野外で食したのがBBQの始まりともいわれますが、このシンプルな調理法は人類の食文化の歴史に深く関わります。スペインの「バルバコア」やロシアの「シシャリク」、アルゼンチンの「アサード」やブラジルの「シュラスコ」など、古くからBBQともいえるその調理法が使われてきました。

カリブ海で生まれたBBQの言葉のルーツ

今では一般的に使われるようになった「バーベキュー」という言葉の由来は、カリブ海の島々の言葉であるバルバコア(barbacoa)が語源といわれています。現地の言葉で「木で組んだやぐら」を意味するバルバコアは寝床のほかに、その上で食材を焼いたり、乾燥したりするものとしても使われていました。諸説ありますが、16世紀にカリブ海に入植したスペイン人が、それを見て調理法と勘違いし、スペイン語に取り入れたのが始まりといわれています。北米などに浸透する過程で、バーベキューに変化していきました。

日本のBBQの歴史

日本の文化の中でBBQのルーツに最も近いといえるのが、食材を遠火でじっくりと焼く炉端焼きといえるでしょう。そのスタイルはまさに和製BBQといえます。BBQの本場アメリカでは、大きなお肉を低温でじっくり焼き、切り分けて大人数でシェアするのが定番ですが、日本では野外での焼肉スタイルが多く、醤油ベースのソースや市販の焼肉のタレで食すことがほとんどでしょう。そんな日本のBBQの文化は、欧米の野外体験教育の導入によって普及されたともいわれています。

沖縄でビーチBBQを楽しむのであれば、水納ビーチがおすすめです。事前予約で20~30人のレンタル鉄板などもご用意可能で、ビーチパーティーや会社の親睦会などに大変便利です。沖縄でビーチBBQをお考えの方や、もっと沖縄を満喫したい方はぜひ水納ビーチにお越しください。

有限会社水納ビーチ /沖縄/海水浴/バーベキュー 概要

会社名 有限会社水納ビーチ
所在地 〒905-0227 沖縄県国頭郡本部町字瀬底6229
電話番号 0980-47-5572
FAX 0980-47-5511
携帯電話番号 090-8669-4870
URL http://www.minna-beach.com/
業務内容 ビーチ用品レンタル/軽食/バーベキュー/BBQ/レンタル/海水浴/ビーチ/シュノーケリング/バナナボート/Uボート/ジェットスキー/パラセール/ビッグマーブル/マリンスポーツ/宿泊/沖縄/水納/
説明 沖縄で海水浴を楽しむなら水納ビーチがおすすめです。ジェットスキーやバナナボート、ビッグマーブルといったマリンスポーツが思う存分楽しめます。人気のビーチバーベキューとセットになったお得なプランもございます。水納島の宿泊施設をサイトにてご紹介もしております。パラソルやうきわなどのビーチ用品レンタルもございます。沖縄のビーチで海水浴やBBQ、マリンスポーツを楽しむなら水納島へぜひお越しください。
水納島へのアクセス 渡久地漁港~水納島まで高速客船「ニューウイングみんな」利用。所要時間 約15分。
日本
都道府県 沖縄県
市区町村 国頭郡本部町

スタッフ募集|水納島

水納島の紹介

【提携・協力会社について】
【協力会社】
オーシャンスタイル
TEL0980-47-5804
【提携会社】
:アクアポポ、
:X-trip